価格の高い本、内容の難しい本からは得られるものが多いのか。|読書が苦手な読書家の読書感想文(書評ブログ)

価格の高い本、内容の難しい本からは得られるものが多いのか。

書籍には様々な価格帯がありますが、
「専門書」など一般向けではない本になると価格が上がるようです。

専門書は買う人も限られてきますし、
そもそも発行部数が少ないですからしょうがないですね。



あとは単純にページ数。
多ければ値段が上がる傾向にあります。
紙代なんですかね。

広辞苑を始めとするガチの辞書系は結構良いお値段しますよね、
六法全書とかになると、大きさがもうポメラニアンくらいありますからね。
持ち歩くだけでトレーニングになりますわ。

辞書.jpg






私がよく読むビジネス書系は1,000円~2,000円程度が多く、
概ね平均1500円程度であることが多いです。

この価格帯の本は大体一般人向けで、
特に専門書とまではいかないと思います。





とは言っても、やはり内容的な濃度に違いはあり、
初心者向けの本から、中級者以上向けの本まであります。


基本的に、初心者向けの本の方が絵や図解が多く、
文章も柔らかく読み易いです。
価格も良心的なことは多いかと思います。



対して、専門書とまではいかなくても、
多少その分野について知っていることが前提となっている
いわゆる中級者向けの本は、ページ数もそれなりにあり(300ページ以上)
文章に出てくる単語も、専門用語で説明がなかったり(知っている前提)
価格も2000円を超えてくることがあります。





今から勉強をしようと本を読む場合、
「初心者向けの本」と、「中級者向けの本」、
2種類好きな方を自由に選べる環境にあったら、
皆様はどちらの本を選ぶことが多いでしょうか?

どちらを選ぶべきか迷うこともあるかと思います。





「最初だし簡単なやつから読もうかな~」

と思う人もいれば


「今後必要となる知識だし、ちゃんとしっかりガッツリ勉強したいから難しい方」

と思われる方もいるでしょう。




どちらも間違ってはおりませんし、
お好きな方から読まれれば良いかと思います。






・・・が、大概難しい方に手を出すと挫折します。高確率で。
読書になれてない方は特に。

確かに、難しい方を読破すれば1冊で済んで事足りてしまうかもしれませんが、
その読破が大変です。








「読むのは骨が折れるが、これを読み終われば知識が一層増えるぞ」
というある種の義務感にも似た感情を持ち始めてしまい、


いつしか読むこと自体が目的となり、
苦痛に耐えながらページを捲り、ようやく読み終えれば
無意味な達成感を手に、歓喜する。


しかし、険しい獣道をただ掻き分けながら進んで来ただけなので、
振り返れども自分の歩いてきた道に道は無く
ただ鬱蒼とした雑木林が広がるだけ。


ここに来てようやく自分が迷子であること気づく。



そんな状況に陥ってしまう可能性があります。
こんな状況になってしまった方おりませんか?

cb96704d26c503dd538a63ff7db33ca0_s.jpg

まあ私のことなのですが(笑)


最初は読めそうだと判断して買ってるわけなのですが、
読み進めていくうちに「ん~なんかちょっと・・・違うかな~」
ってなる時がたまにありまして。


そういう時って、途中で止めるの勿体ないなとも思うのですが、
実りない読書を続けていても時間の浪費なので、
すっぱりと止めて本棚にしまっておきます。

また何冊か読んでレベルアップした時に
読めれば良いかなって感じです。

dgthyjkvcytxhjcthxjc_TP_V.jpg





結論としては、
簡単な本、読み易い本を何冊か読んでから、
それでも、更にその先が必要なら中級者向けの本に舞台を移せば良いかと。


初心者向けの本と言っても、かなり得るものはあるでしょうし(本によるか)
その知識をつけたからこそ中級者向けの本が読めるようになることもあります。


自分のレベルが1しかない時に、レベル5の敵を倒そうと思っても返り討ちに遭いますが、
初心者向けの本を倒して自身もレベルアップしていけば、
案外ザコ敵になってたりするものです。



それに、難しい本って読んでる時は
「こんな難しい本読んでる俺ってかっこいいだろ」
みたいな妙な気分になったり(あ、これは私の事です)


難しい=威厳がある、立派、高尚
みたいな風潮があるような感じがして自然と文章が難しく、固くなりがちです。


学者的というか、論文っぽい感じというか、
あえて難しい単語とか言い回しを使ったりすると、
なんか「ちゃんとした本感」がでるんですよね。


でも実は難しいことを難しく書くのって簡単なんですよね。
本当に難しいのは、「難しいことを簡単に書くこと」であったりします。



京セラの稲盛和夫さんも

「バカな奴は単純なことを複雑に考える。
 普通の奴は複雑なことを複雑に考える。
 賢い奴は複雑なことを単純に考える。」


という風に仰っております。



ひとつ思い出してみて下さい。
仕事やアルバイト、学校の部活などで部下や後輩にものを教える時、
後輩達に出来るだけ早く、深く、簡単に、理解してもらえるように、
自ずと解りやすく教えてあげようとしていたはずです。



難しい本というのは、
(批判的に言ってしまえば)これが出来てない、と言えるのかも知れません。







と、色々批判的な感じで書いてしまいましたが、
本当に難しく書いてちゃってる本なのか、
はたまた、単純に自分の力不足で難しいと感じてしまっているのか。

ここを履き違えてしまうと、今後の成長に大きな影響が出てしまうかも知れません。






<あとがき>

以前、6000円もする専門書を何冊か買って読んでいたことがあります。

一応読み終えたのですが、それで何か得るものがあったかと言われれば、
内容が専門的過ぎて、あまり実用には至らなかったことがあります。
もはや学問の領域だったので。

案外、実用するならば、その下の中級者向けの本くらいのが良いかも知れません。

2016.10.24 | コメント(0)このブログの読者になる更新情報をチェックする
この記事へのコメント

書評・レビューランキングへ
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます