立ち読みしなさい!|読書が苦手な読書家の読書感想文(書評ブログ)

立ち読みしなさい!

今回は苫米地英人氏の「立ち読みしなさい!」という書籍について。


洗脳や人工知能、仏教、英語、速読、経済など、
多岐にわたる書籍を出しております、苫米地氏ですが、
初めて氏の書籍をお読みになられる方は、
まずこちらからオススメ致します。


といっても先に挙げたように、
様々なジャンルに渡って出版しておりますので、
ご自分の興味のあるジャンルからお読みいただければOKです。


今回ご紹介させて頂きますこの「立ち読みしなさい!」は、
ジャンルで言えば、成功哲学・自己啓発というジャンルになるかと思います。








書籍紹介6冊目です。


個人的おすすめ度   ★★★★★
文章の読みやすさ   ★★★★★
内容の理解し易さ   ★★★☆☆
再現性        ★★★☆☆






※初めて苫米地氏の書をお読みになられる方は、
 本文中に出てくる初めて耳にする単語に戸惑うかも知れません。

 しかし、本書は専門用語も全て、嚙み砕いて説明をしてくれておりますので、
 大変読みやすくなっております。




こちらは、苫米地氏の成功哲学系の書物の中でも、
入門編といった感じで、初めての方でも気軽に読むことが出来ます。







この本のテーマは「夢を叶える攻略本」




こちらの書籍は、あなたがご自身の夢を叶える方法を、
3つのステップに分けて、段階的に解説してくれています。


1つ目は、ゴール設定
2つ目は、自信を持つこと
3つ目は、リーダーになること


大きな枠で3つに分けてはいますが、
その1つ1つで、さらに詳しく説明が入ります。



またマンガのワンピースを引用したり、
サッカーの本田圭佑選手や、
野球のイチロー選手のことを例題に挙げておられたり、
理解を深める為の3本の短編マンガも収録されており、

読んだ方が、ちゃんと理解し易いように様々な工夫がみられ、
初めての方にも大変読みやすくなっております。







ゴール設定


簡単に言ってしまうと、ゴールとはあなたが叶えたい夢のことです。

叶えたい夢を明確にすることからこの本は始まります。


ゴールを設定するとは、好きなモノ、好きなことを見つけること・
あなたが心から情熱を注ぎ込むことができる「夢」を見つけるという意味です。

第二章 最初の分岐点 より









自信を持つ


自分に自信を持てないと、折角見つけた夢(ゴール設定)も無駄になります。


極端に考えると解りやすいと思いますが、
自信がない人は、すぐになんでも諦めてしまうのです。



なんてことない失敗も、まるで取り返しのつかない大きなミスかのように感じてしまい、

「ああ、やっぱり自分には無理だ」

と諦めてしまうのです。



例え、叶えられる運命にあった夢だとしても。



これからあなたが本当に叶えたい夢を叶え、幸せな人生を送る上で、
自分に自信がないということはデメリットでしかありません。
「百害あって一利なし」だと思ってください。

第五章 二番目に大切なこと より



本書では、確実に自信を持てる方法として、
自信を持つ方法を、3ステップに分けてレクチャーしてくれております。


この方法で自信が持てるかは、その方次第ですが、
どうしても、自信がなくて困ってるという方は、
1度お読みになってみてはいかがでしょうか?





私は、回し者でもなんでもありませんが、
やはり行動してみなければ、何も変わりませんので。


動いてみた結果、自分の望む「良い結果」が得られるとは限りませんが、
「良い結果」が得られる可能性もあるのですから。








リーダーになる

リーダーとは、夢という目標に向かい自信を持って実際に行動する人です。


最終章 夢を叶える最終兵器 より



リーダーというと、なにか複数人のグループの中での代表とか、
そういうイメージがありますが、
まずは自分自身のリーダーになることが大事なのだそうです。

ブレない芯を持つということでしょうか。
優柔不断ではダメということですね。








まとめ

成功哲学とか、自己啓発とか、そういう言葉のイメージって
ちょっと日本だと怪しい印象を持たれてしまいがちで、
この手の本を、食わず嫌いしている人も多いかもしれません。


ですが、本書は宗教的というか、精神論根性論とは違う切り口で書かれており、
私は、万人にお勧めすることが出来る書籍だと思います。




文章の読みやすさ   ★★★★★

やわらかい文体で、語り掛けるように書かれているので
引き込まれるように読めてしまいます。



内容の理解し易さ    ★★★☆☆
再現性         ★★★☆☆

専門用語がいくつか出てきます。
全て詳しく解説されているので、理解できないということはないと思いますが、
慣れていないと、少々難しく感じてしまう方もいらっしゃるかも知れません。

1度だけでなく、2度3度と読んでみると、より深く理解できます。

2017.01.16 | コメント(0)このブログの読者になる更新情報をチェックする
この記事へのコメント

書評・レビューランキングへ
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます