マーフィーの人間哲学|読書が苦手な読書家の読書感想文(書評ブログ)

マーフィーの人間哲学

人生のあるあるがつまった、おもしろ本


今回ご紹介させていただくのは、
一風変わった書物で、「マーフィーの人間哲学」という本です。


なんだか一見すると真面目で、重そうなテーマっぽいですが、
これが全くそんな重苦しい感じではなくてですね、

人生において起こりえる、または誰もが経験したであろう
いわゆる「あるある」を紹介した本になります。

rose-2101475_640.jpg

しかも全編箇条書きになっているので、
読みたいところからスラスラと読めてしまいます。

内容自体は中学生でも理解はできますが、
より永く生きている方が「あ~あるある!」と共感度合いが高いと思います。



書籍紹介19冊目です。

個人的おすすめ度   ★★★★★
文章の読みやすさ   ★★★★★
内容の理解し易さ   ★★★★☆




本書から何を読み取るか


本書は、テーマごとに分かれており、

・心理学
・行動学
・恋愛学
・日常生活学
・健康学
・美容学

などなど、全19章からなり、
各テーマごとの法則や定理などを紹介しています。


例えば、心理学編より、

◆記憶の法則
1、大事なことほど思い出せない
2、用が済んでから思い出す
3、やっと思い出してみたら下らないこと
4、メモをつけておけばメモを忘れる
5、最後は何を思い出そうとしていたかも思い出せない


◆「今度」の法則
「今度〇〇しよう」と言う場合の「今度」という日は、
言われた人が作り出さなければ決して来ない。


◆口げんかの法則
あとで冷静になってから、必ず名セリフを思いつく。
だから勝っても負けても悔しい。

心理学、より



上記は、ほんの一例に過ぎませんが、
個人的に「あるある」と思ったものの中から抜粋しました。


このような形で、
思わず「あるある!」と唸ってしまうようなことが、たくさん書かれております。


書かれている中には、
「あー、これはまさにあの人のことだな」と思うことや、


「うわ、これは自分のことだ」と、思わず見透かされたような、
ドキッとする鋭いことも書いてあります。




この書評を書くに当たって、改めて読み直してみましたが、
一般的なというか、あまり心に響かなかった成功哲学書よりは、
よっぽど得るものがあると思います。


普通に読み物としても面白いので、サラッと読めてしまいますが、
目の前に当たり前にありすぎて気づくことができなかったこと
に気が付かせてくれるので、


凄い大げさに聞こえるかも知れませんが、
たった一度読むだけでも、人として成長することができます。


あくまで個人的な主観による感想ですが、
「人間とは?」について書かれた書物と言えると思います。


ちょっと前に書かれた本の為、
現在ではあまり見なくなった事例もあるにはありますが、
(公衆電話の法則やテレホンカードの法則など)

人間に関することは、ずっと不変なので、
今後もこの法則は効き続けます。

その他、面白かった法則


◆訪問客の法則
1日中待っていた訪問客は、チャイムの聞こえない
トイレに入っていた3分間に訪れる。

◆前夜の法則
1、明日は大事だからと、早寝をすると寝付かれない。
2、やっと寝付いたと思ったら、寝坊する。

日常生活学、より



◆不健康な暮らしの法則
1、不健康な生活をしている人ほど、運動不足を気にしている。
2、運動不足を気にしている人ほど、「運動する時間がない」と言う。
3、「運動する時間がない」という人ほど、時間をムダに使っている。

健康学、より






個人的おすすめ度   ★★★★★

純粋に読み物として面白いですし、
下手な成功哲学書、自己啓発本より為になります。


文章の読みやすさ   ★★★★★

短い文章ですし、文章も難しくはありません。
日常生活でつい言いたくなるようなことも沢山書いてあります。


内容の理解し易さ   ★★★★☆

いくつかは「ん?」と理解しにくいものあるかと思いますが、
9割方は難なく理解できるかと思います。



2018.03.12 | コメント(0)このブログの読者になる更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スポンサーリンク
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます